伝統工法「土壁」体験レポート

竹を編んだ竹小舞の上に赤土とワラを練った土を塗って壁を造る家。
都会ではほとんど目にすることのない伝統工法。
夏の高温多湿、冬の寒冷乾燥を、土壁により断熱、調湿する日本の風土に適した昔ながらの知恵です。

竹を編んだ竹小舞赤土とワラを練った土

土壁の家づくりは、昔は近所の人が集まって、みんなで土を一緒に付けたそうです。

竹小舞に挑戦したり。

竹小舞に挑戦したり。

塗ってみたり。

塗ってみたり。

土を渡すのも結構重労働!

土を渡すのも結構重労働!

土が重たい。。。

土が重たい。。。

難しいけど楽しーい♪


岐阜から来て下さった職人さん。

岐阜から来て下さった職人さん。

岐阜から来て下さった職人さん。
全て吉野の杉とヒノキを利用しています。

こちらのお宅は、全て吉野の杉とヒノキを利用しています。
10月頃の完成が楽しみです!貴重な体験をさせていただきありがとうございましたm(__)m