わが家で発電! それってやっぱり頼もしい!

太陽光発電はあたりまえになりました

これから家を建てる時はそろそろ標準装備になりそうな太陽光パネル。
サンサンとふりそそぐお陽さまの恵みを利用するとってもエコなもの。
自分の家で発電し、余った電力は売ることができます。

日本経済新聞(2011.3.23)に
太陽光発電 停電時の起動方法が掲載されていました。>>

さらにエネファームも搭載したダブル発電の家

もう一歩先を見つめて家庭用燃料電池「エネファーム」も搭載する
ダブル発電の家なら、更にエコ&経済的。エネファームは電気を発
電しながらお湯も一緒に作ってくれます。たっぷりのお湯を使い、
普通に暮らすだけで、CO2を削減、つまり地球環境に優しい生活が
できてしまう。まさに、省エネを超えた「創エネ」の暮らしとなり
ます。もちろん、発電量が増えますから、売電量もアップ。まさに
地球にも家計にもやさしい次世代の住まいです。

エネルギー発生状況が一目瞭然

エネウインドウ

「創る・使う・売る」電気が見える住宅用エネルギーモニター
「エネウインドウ」で、ご家庭のエネルギーの「見える化」します。
するとエコ意識が芽生えて更に楽しく節電できます。

うれしいダブル発電標準装備

らいふくれよんではお客様のご負担を減らすよう、特別プロジェクトチームを結成し、ダブル発電標準装備の家づくりを実現しました。
定価700万円程のダブル発電設備・工事費も、今なら国や市町村の補助金を利用し、さらにプロジェクトチーム一丸となって技術と知恵を駆使することで、自信を持っておすすめできるようになりました。
みなさんは現在の光熱費をご存じですか? 月平均15,000〜20,000円のお宅が一般的のようですが、もしもそれがほとんどゼロになったら・・・? ローンの返済も楽々、老後の暮らしも安心になりますね。その上、我慢する省エネではなく、普通に暮らして環境に貢献。つまり、ダブル発電の家を建てることは、未来を創ることになるのです。

ZERO styleの家

ZERO styleは、光熱費ゼロ、CO2排出ゼロを目指します。地球にやさしく、生活にもやさしい未来を創るためにらいふくれよんは、建築家、工務店、専門工事業者、メーカーが知恵を出し合ってZERO styleを提案します。国産の構造材、無垢のフローリング、自然塗料の利用など、素材にもこだわりを持ったハイクオリティな住まいです。太陽光発電システム、エネファーム、床暖房(LDK)を標準仕様にしています。

ゼロスタイル標準仕様

  • エネルギー/太陽光発電システム サンヨーHIT 約4.3kW
    エネファーム(エネオス)
    エネウインドウ
  • 床暖房/LDK(約20帖)
  • 木材/吉野杉・東濃桧 他 国産材
  • 外壁/左官仕上
  • 床/無垢フローリング
  • ペアガラス
  • 現場ナビシステム

ゼロスタイルの家「くれよんBOX」|MA設計室:槇木啓彰

(ゼロスタイル)の家は・・・
ダブル発電を標準装備、自然素材・自然エネルギーを使用した空気のキレイな木の家です。
それは、心地良い暮らしを約束する、人にも環境にも家計にもやさしい家。
さぁ、思い立ったら早い方が得です。らいふくれよんへお問い合わせください。

※掲載の参考価格には、太陽光発電システム、家庭用燃料電池エネファーム、
LDK床暖房の価格が含まれております。
補助金を利用した場合の参考価格ですので、建築時期によって異なる場合があります。
また、建築仕様によっても異なりますので、ご了承ください。

ZERO styleのモデルプラン一覧 >>